「 熱中症対策 」一覧

【子供の熱中症対策】おんぶ紐・抱っこ紐に着用扇風機「抱っこファン」をつける方法

【子供の熱中症対策】おんぶ紐・抱っこ紐に着用扇風機「抱っこファン」をつける方法

抱っこ紐で子供を抱っこしているときは、抱っこ紐の背中のポケットに「抱っこファン」を入れることで、母子ともに風に当たることができます。扇風機は子供の手に触れないように注意して使用・保管してください。手の指が細い1歳以下の子供には使用しないでください。

【手ぶら扇風機】ベルトやリュックに着く充電式、熱中症対策・ポケモンGO・スマホ冷却

【手ぶら扇風機】ベルトやリュックに着く充電式、熱中症対策・ポケモンGO・スマホ冷却

ウェアラブル着用扇風機「抱っこファン」は腰のベルトに着く扇風機であり、腰のベルトから顔や上半身に向けて送風します。リュックサックのベルトに着けて、胸の前から風を当てることができます。おんぶ紐で子供を背負っているときは、胸の前から肩越しに背中の子供に風をあてることで、母子ともに風に当たることができます。熱中症対策・暑さ対策でお使いください。

【乳幼児の熱中症対策】ベビーカーに扇風機をつけるときのポイントと、絶対にやってはいけないこと

【乳幼児の熱中症対策】ベビーカーに扇風機をつけるときのポイントと、絶対にやってはいけないこと

ベビーカーに扇風機をつけるときは、必ず頭より高い位置(ハンドル)につけて高い位置からの下降気流を子供にあてることで、地表付近から立ち上がる高熱の空気と埃を退けてあげるようにしましょう。お母さんの熱中症対策も忘れずに。子供の暑さ対策も重要ですが、ベビーカーを押すお母さんの暑さ対策を忘れないようにしましょう。もし万が一、お母さんが暑さでダウンしてしまうと、子供へのケアができなくなってしまいます。

キャラクターシュシュを着けられる扇風機「抱っこファン」

キャラクターシュシュを着けられる扇風機「抱っこファン」

夏のテーマパークでは、炎天下の中で何時間も行列待ち、なんてことがよくあります。そういう時は、ウェアラブル扇風機を着用して、行列待ちしている間を、涼しく楽しく過ごしましょう。ひと工夫するだけで、キャラクターシュシュを着けた扇風機を抱っこしているように見せることができます。