ヘルメット冷風扇

空調服にも使えるえりかけ扇風機 BodyFan は服の襟に携帯扇風機をかけて服の中へ送風できる熱中症対策研究所の特許技術です

襟にかけるクリップに特許技術があり、ヘルメットと服の中へ風がダブルで届きます(ダブル空調)。ヘルメットや空調服にも使えるえりかけ扇風機 BodyFan は服の襟に携帯扇風機をかけて服の中へ送風できる熱中症対策研究所の特許技術です

襟をクリップがしっかり挟むため、動いてもズレ落ちしません。

空調服にも使えるえりかけ扇風機 BodyFan は服の襟に携帯扇風機をかけて服の中へ送風できる熱中症対策研究所の特許技術です

冷却ヘルメットファンはえりかけ扇風機と冷却タオル(ヘッドタオル)のセットです。

水なしで風だけ当てるのは危険

江東病院・三浦邦久副院長によれば、「滝のような汗をかいている時に、特に外気温が35度(以上)になっている時に扇風機を使うと熱中症になってしまうこともある」といいます。 実際に外気温が35度の時にミニ扇風機を使っていて、緊急搬送されてくる方も結構いるそうです。

江東病院・三浦邦久副院長によれば、「滝のような汗をかいている時に、特に外気温が35度(以上)になっている時に扇風機を使うと熱中症になってしまうこともある」 「実際に外気温が35度の時にミニ扇風機を使っていたんですけど、緊急搬送されてくる方も結構いらっしゃいます」 といいます。

三浦先生は35度を超える暑さのもとで扇風機を使うのは、ドライヤーの熱風を浴びるようなものだと警告します。せっかくの便利なアイテム。賢く使うにはどうすればいいか教えて頂きました。

濡らしたタオルへ風を当てる

三浦先生によれば、水に濡らしたタオルを首に巻いて、風を当ててやる。首には血管が豊富にあるので首を冷やすようにする。水に濡らしたタオルに風があたると、水が気化して風とタオルが冷やされます(水の気化熱による冷却効果)。

熱中症対策としてハンディファンを使う時は、江東病院・三浦邦久先生によれば、濡れたタオルを首にかけて風を当ててやる。首には血管が豊富にあるので冷やすようにする。とのことです。

目に風を直接当てないように注意

顔の近くから、高温の風を目へ当てると、目が乾燥してドライアイを悪化させる場合があります。 扇風機の風は、なるべく首の後ろからタオルへ当てるようにします。

熱中症対策としてハンディファン(ミニ扇風機)を使う時は、江東病院・三浦邦久先生によれば、濡れたタオルを首にかけて風を当ててやる。首には血管が豊富にあるので冷やすようにする。とのことです。

扇風機の風を目へ直接当てないようにして、煙や埃などが、風圧で目へ飛び込まないようにします。

えりかけ扇風機 BodyFan を首の後ろに掛けて前に向けて送風することで、涼しくする(熱中症対策効果)と、煙やヒュームを退ける(労災対策効果)の2つの効果が期待できます。

従来のヘルメット用扇風機は、首に負担がかかり、首が疲れてしまう欠点がありました。最新型の襟かけタイプ首に負担がかかりません

首が疲れないヘルメット用ファンとしても使えるえりかけ扇風機 BodyFan は服の襟に携帯扇風機をかけて服の中やヘルメットへ送風できる東京ファン株式会社の特許技術です

冷却ヘルメットファンはえりかけ扇風機と冷却タオル(ヘッドタオル)のセットです。

冷却タオルで首に掛ける扇風機「冷却タオルファン」熱中症の応急処置を早期に開始できます

冷却ヘルメットファン(ヘッドタオル付)

※使用上の注意
のどが渇いていなくても、水分補給や塩分補給をこまめにとりましょう。皮膚表面が濡れた状態で風を当てることで、気化熱冷却の効果を高めるための補助ツールとして扇風機をお使いください。熱中症対策については、厚生労働省や環境省のウェブサイトをご覧ください。

フォローする

facebook like box