室内バイクへの装着

フィットネスバイクに扇風機を着ける方法を説明します。

1.バイクのハンドルを扇風機に抱持させる

本扇風機の取付部分をフィットネスバイクのハンドルの上に乗せ、さらに、付属の落下防止バンドでハンドルを巻き抱えるように2か所で固定してください。

運動中の汗がかからないように、人体から十分に離した位置に取り付けてください。

2.風向を調節する

扇風機の可動部分を動かして、風が人体に当たるように送風の向きを調節してください。

バイクの周囲を通行する他の人にぶつからないように配慮して取り付けてください。必要に応じてコンパクトに折りたたんで配置してください(折りたたみ方)。

使用する際は本体からUSBコードを外し、コードが回転するべダル等に絡みつかないように注意してください。

3.使用後のお手入れ

使用後は、取付部分とバンドを取り外して水洗いしてください。ただし、扇風機本体は絶対に水に濡らさないように注意してください。

水洗いした取付部分は完全に乾くまで、扇風機本体には取り付けないようにしてください。

4.ハンドル以外の細いパイプにつける場合

100円ショップで販売している滑り止めマットをパイプに巻いてから扇風機を取り付けるとぐらつかずにしっかり固定できます。

事例紹介まんが集

フィットネス編

続きを読む

※使用上の注意
のどが渇いていなくても、水分補給や塩分補給をこまめにとりましょう。皮膚表面が濡れた状態で風を当てることで、気化熱冷却の効果を高めるための補助ツールとして扇風機をお使いください。熱中症対策については、厚生労働省や環境省のウェブサイトをご覧ください。

フォローする

facebook like box