人気の「ミニ扇風機」で危険も!? 正しい使い方は? 応急処置は?

街中で多くの人が使っているミニ扇風機。医師によりますと、間違った使い方だと熱中症になる可能性もあるということです。どのように使えば良いのでしょうか?

ミニ扇風機の使い方に注意

江東病院・三浦邦久副院長によれば、「滝のような汗をかいている時に、特に外気温が35度(以上)になっている時に扇風機を使うと熱中症になってしまうこともある」といいます。 実際に外気温が35度の時にミニ扇風機を使っていて、緊急搬送されてくる方も結構いるそうです。

江東病院・三浦邦久副院長によれば、「滝のような汗をかいている時に、特に外気温が35度(以上)になっている時に扇風機を使うと熱中症になってしまうこともある」 「実際に外気温が35度の時にミニ扇風機を使っていたんですけど、緊急搬送されてくる方も結構いらっしゃいます」 といいます。

三浦先生は35度を超える暑さのもとで扇風機を使うのは、ドライヤーの熱風を浴びるようなものだと警告します。せっかくの便利なアイテム。賢く使うにはどうすればいいか教えて頂きました。

濡らしたタオルへ風を当てる

三浦先生によれば、水に濡らしたタオルを首に巻いて、風を当ててやる。首には血管が豊富にあるので首を冷やすようにする。水に濡らしたタオルに風があたると、水が気化して風とタオルが冷やされます(水の気化熱による冷却効果)。

熱中症対策としてハンディファンを使う時は、江東病院・三浦邦久先生によれば、濡れたタオルを首にかけて風を当ててやる。首には血管が豊富にあるので冷やすようにする。とのことです。

目に風を直接当てないように注意

顔の近くから、高温の風を目へ当てると、目が乾燥してドライアイを悪化させる場合があります。 扇風機の風は、なるべく首の後ろからタオルへ当てるようにします。

熱中症対策としてハンディファン(ミニ扇風機)を使う時は、江東病院・三浦邦久先生によれば、濡れたタオルを首にかけて風を当ててやる。首には血管が豊富にあるので冷やすようにする。とのことです。

仕事で両手を使う人には、首の後ろの襟に掛けて使えるミニ扇風機もあります。 扇風機の風を首の後ろから当てることで、煙や埃などの異物が目へ飛び込みにくくなります。

タオルの巻き方に注意

三浦先生によれば、「皆さんはタオルを結ぶように巻きたがります。でも、乾いてくるとマフラーみたいになってしまってかえって熱がこもっちゃいます。」タオルは結ばずに開けておくように注意しましょう。

江東病院・三浦邦久副院長によれば、皆さんはタオルを結ぶように巻きたがります。でも、乾いてくるとマフラーみたいになってしまってかえって熱がこもっちゃいます。タオルは結ばずに開けておくっていうのもポイントだそうです。携帯扇風機ハンディファンとタオルを使う時は注意しましょう。

濡らしたタオルに扇風機をつける

タオルの両端に扇風機を取りつけることもできます。 扇風機を手で支え続けなくても、風が安定してタオルに当たるようになります。 熱中症が疑われる人には、この方法で首を冷やしながら、涼しい場所へ移動させて、応急処置を正しく施しましょう。

正しく応急処置をする

熱中症を疑った時には、放置すれば死に直結する緊急事態であることをまず認識しなければなりません。 重症の場合は救急車を呼ぶことはもとより、現場ですぐに体を冷やし始めることが必要です。 下図は、タオルとミニ扇風機を使った応急処置法(蒸泄冷却法)であり、環境省が定めた熱中症環境保健マニュアルに準拠した身体冷却方法です。

熱中症を疑ったときの応急処置では、服を脱がせて露出した肌(皮膚)へ水で濡らしたタオルをあて、扇風機で扇ぐ方法(蒸泄法)が環境省の熱中症環境保健マニュアルで推奨されています。えりかけ扇風機 BodyFan 冷却タオルファンは濡らしたタオルの上に置いて、全身へ送風できます。

1| 次へ>

※使用上の注意

※使用上の注意
のどが渇いていなくても、水分補給や塩分補給をこまめにとりましょう。皮膚表面が濡れた状態で風を当て、気化熱冷却の効果を高める補助として扇風機をお使いください。熱中症対策については、厚生労働省や環境省のウェブサイトをご覧ください。

フォローする