マスク暑さに「手持ち扇風機」は危険も!? 正しい使い方は? 応急処置は?

マスクの蒸れの不快感を和らげるために、携帯扇風機を街中で多くの人が使っています。医師によりますと、間違った使い方だと熱中症になる可能性もあるということです。どのように使えば良いのでしょうか? ANNのニュースを以下に引用しながら、科学的に解説します。

携帯扇風機の使い方に注意

江東病院・三浦邦久副院長によれば、「滝のような汗をかいている時に、特に外気温が35度(以上)になっている時に扇風機を使うと熱中症になってしまうこともある」「 実際に外気温が35度の時に手持ち扇風機を使っていて、緊急搬送されてくる方も結構いる」といいます。(ANNニュースより)

江東病院・三浦邦久副院長によれば、「滝のような汗をかいている時に、特に外気温が35度(以上)になっている時に扇風機を使うと熱中症になってしまうこともある」 「実際に外気温が35度の時にミニ扇風機を使っていたんですけど、緊急搬送されてくる方も結構いらっしゃいます」 といいます。

三浦先生は「35度を超える暑さのもとで扇風機だけ使うのは、ドライヤーの熱風を浴びるようなものだ」と警告します。(ANNニュースより)

真夏の扇風機はドライヤー

せっかくの便利なツール。賢く使う方法を2つご紹介します。

方法1.濡らしたタオルへ風を当てる

濡らしたタオルに風を当てて、水の蒸発を加速させると、タオルが気温より-6度ぐらい冷えます。(水の気化熱による冷却現象)

三浦先生によれば、「水に濡らしたタオルを首に巻いて、風を当ててやる。首には血管が豊富にあるので首を冷やすようにする」とよいそうです。(ANNニュースより)

熱中症対策としてハンディファンを使う時は、江東病院・三浦邦久先生によれば、濡れたタオルを首にかけて風を当ててやる。首には血管が豊富にあるので冷やすようにする。とのことです。

クールアイテムは、賢く組み合わせる

クールアイテム(扇風機や水タオルなど)は単独で使用するよりも、種類の異なるものを組み合わせて同時に使用する方が、冷感を強めあう場合があります。例えば、下図のように、水に濡らしたタオルと扇風機を一緒に使うと、単独で使う場合よりもタオルが冷やされます。これは『相乗効果』と呼ばれる現象です。

気温が上昇したにもかかわらず、同じクールアイテムだけを習慣的に使い続けてしまう人は注意が必要です。気温や湿度が変化すると、クールアイテムの効果も変化します。1つのクールアイテムだけでは気温上昇に対処しきれません。いろんなクールアイテムの相乗効果を引き出して、猛暑を賢く乗り切りましょう。

両手が使いたいなら、襟に掛けるタイプ↓がおすすめ

【マスク暑さ対策】厨房編!料理人ための熱中症対策ツール!えりかけ扇風機『エアシャツ』
3インチファン(白)4インチファン(黒)

方法2.統合型クーラーを活用する!

東京ファン株式会社は、人気の定番クールアイテム4種類(ハンディ扇風機・水冷えタオル・冷感スプレー・保冷剤)を1つに統合し、冷感の相乗効果のある『統合型クーラー』にするためのホルダーを発売しました。製品名は『タオルファン 抱っこホルダー』です。マスクの暑さ対策や、キャンプ場での熱中症対策にも便利です。

人気の定番クールアイテム4種類(ハンディ扇風機・水冷えタオル・冷感スプレー・保冷剤)を1つに統合し、冷感の相乗効果のある『統合型クーラー』にするためのホルダーが便利です。製品名は『タオルファン 抱っこホルダー』です。

タオルを濡らしたり、タオルに保冷剤を入れたりして、冷却力を高めることで、熱中症の応急処置法と同じ冷却原理で、首まわりの太い血管の近くを冷やし続けることができます。

保冷剤の巻き方・使い方

『保冷剤』は、冷蔵庫で冷やせる小袋タイプのアイスパックです。保冷剤をタオルで巻いて(のり巻き寿司のようにクルクルと巻いて)から、タオルの両端をホルダーで留めれば、巻いた状態が崩れにくくなるため、タオルを首にかけても保冷剤がタオルから落ちにくくなります。

首と手のひらの血管を同時に冷やす

タオルに入れた保冷剤で首の血管を冷やしながら、同時にタオルに入れた保冷剤をタオルの上から手で握ることで、手のひらにあるAVA血管を冷やすことができます。手のひらを冷やすと、体の中心部の温度《深部体温》が下がりやすいと言われています。

この写真では、扇風機を取り外しています↑。人の多いところでは、ホルダーから扇風機を取り外して、保冷剤入りタオルだけで冷やすことをお勧めします。

おすすめの保冷剤は、100円ショップの「切って使える保冷剤(連結タイプ)」です。キャンプでは、保冷剤の代わりに、化学的に冷える「瞬間冷却剤」もおすすめです。

マスクにハッカ油を直接つけない

『マスク』は、熱がこもりやすいことから、メントールのスーッとする爽快感をマスクに持たせるために、ハッカ油をマスクに直接つけようとする人がいます。しかし、不織布マスクにハッカ油を直接つけると、マスクのフィルター機能が低下する恐れが指摘されています。そこで、メントール水(ハッカ油を薄めた水)を、マスクではなく首に掛けたタオルにつけておき、そこに扇風機の風をあてることで、メントールの香りをマスクに届ける方法がおすすめです。

濡らしたタオルにハッカをつけておき、そこに扇風機の風をあてると、タオルの水が風で気化することで、風がわずかに冷やされてマスクに届くようになります。また、タオルに保冷剤を入れることで、さらに風と首をしっかりと冷やすことができます。タオルにあたった扇風機の風は、風の性質(コアンダ効果)により、表面に沿って流れるため、風がマスクまで届きます。

ディズニー ミッキーマウス ハローキティ のハンディファンにタオルやスカーフと取り付けて 首もと冷却 タオルファン 抱っこホルダー

1| >ベビーカー扇風機の選び方・正しい付け方