車いす

この扇風機「抱っこファン」は小型ですが非常にパワフルな風がでる扇風機です。1回充電すれば最長10時間使用することができます。ひじ掛けの幅が約4cmの標準タイプの車いすに扇風機を直接付けることができます。ひじ掛けにつけられない場合は、腰のベルトやウエストポーチに着けて座ります。
車いすユーザの暑さ対策として着用扇風機「抱っこファン」をひじ掛けにつけた車椅子

扇風機にひじ掛けを抱っこさせ、落下防止バンドを巻きつけて固定します↓
車いすユーザの暑さ対策として着用扇風機「抱っこファン」をひじ掛けにつけた車椅子

車いすに座った状態で、扇風機の向きを体や顔に向けることができます↓
車いすユーザの暑さ対策として着用扇風機「抱っこファン」をひじ掛けにつけた車椅子

乗り降りするときの邪魔にならないように、扇風機をひじ掛けと平行にできます↓
車いすユーザの暑さ対策として着用扇風機「抱っこファン」をひじ掛けにつけた車椅子

扇風機を着けたままで、コンパクトに折りたためます。扇風機はひじ掛けと同じ黒色なので、目立ちません↓
車いすユーザの暑さ対策として着用扇風機「抱っこファン」をひじ掛けにつけた車椅子

コンパクトに折りたたんだ状態では、周囲の障害物や自分の腕に扇風機がぶつかりにくくなります(扇風機の手持ち用の棒が横に飛び出していないので)↓
車いすユーザの暑さ対策として着用扇風機「抱っこファン」をひじ掛けにつけた車椅子

東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパン(USJ)で公式に貸し出している車イスにつけることが可能です

ひじ掛けに扇風機がつけられない場合

ウエストポーチのベルトに扇風機をつけた状態で、車いすに座るという方法でも使用できます↓
腰のベルトに着ける方法について

作業着の胸ポケットに扇風機「抱っこファン」を入れて顔に向けて送風できます

スイッチ・充電方法

スイッチはプッシュ式で、爪先で軽く押せます。風速は3段階で切り替えることができます。

  ひじ掛けの幅が4cm未満の場合

ひじ掛けのパイプが細い場合や、ひじ掛けの表面が滑りやすい場合は、100円ショップで販売している「滑り止めマット」を巻いて、太さを必ず4cm以上にしてから、扇風機のアーム内に抱持させてください。

ひじ掛けの幅が4cmより大きい場合

扇風機のアーム内にひじ掛けを無理に抱持させず、下の写真のように、ひじ掛けの上に扇風機を乗せた状態で、落下防止バンドを巻いて固定してください。

関連記事:ディズニー貸し出し車いすの暑さ対策

※使用上の注意
のどが渇いていなくても、水分補給や塩分補給をこまめにとりましょう。皮膚表面が濡れた状態で風を当てることで、気化熱冷却の効果を高めるための補助ツールとして扇風機をお使いください。熱中症対策については、厚生労働省や環境省のウェブサイトをご覧ください。

フォローする

facebook like box