冷却タオルの首かけ扇風機

えりかけ扇風機 BodyFan をタオルや手拭いに吊るして首に掛ける。水に濡らしたタオルや手ぬぐいに風を当てて、気化熱冷却で首を冷やし続けることができる。熱中症対策研究所

環境省が熱中症環境保健マニュアルで推奨する身体冷却法では、“濡らしたタオルを皮膚にあてて、扇風機で扇ぐことにより体を冷やす方法”(水の気化熱による冷却)が推奨されています。BodyFanは環境省が推奨する身体冷却法を誰でも簡単に実践できます(特許取得)。

首の前後に掛けるパーソナル冷風機

水に濡らしたタオルに「えりかけ扇風機BodyFan」をつけて風を当てると、気化熱冷却で首や胸を冷やし続けることができます。

熱中症対策・暑さ対策に、えりかけ扇風機 BodyFan 濡らしたタオルの先端を服の中に引き込み、えりかけ扇風機を掛けてシャツの中に送風することで、シャツの中で水が気化して胸が冷やされます。

襟からシャツの中へ風を送り込む冷却法

濡らしたタオルの先端をシャツの中に引き込み、「えりかけ扇風機 BodyFan 」でシャツの中に送風すれば、シャツの中で水が気化して胸が冷やされます。

熱中症対策・暑さ対策に、えりかけ扇風機 BodyFan 濡らしたタオルの先端を服の中に引き込み、えりかけ扇風機を掛けてシャツの中に送風することで、シャツの中で水が気化して胸が冷やされます。

空調服にも使えるえりかけ扇風機 BodyFan は服の襟に携帯扇風機をかけて服の中へ送風できる熱中症対策研究所の特許技術です

えりかけ扇風機 BodyFan

軽くてスタイリッシュ↓
3インチファン(白)
幅 9cm 重さ175g
パワー重視なら↓
4インチファン(黒)
幅 10.4cm 重さ213g

サーモグラフィによる実証実験

この実験では、水の風の相乗効果によって、タオルが室温よりマイナス6度で冷され続けることが分かりました↓

濡らしたタオルにBodyFan をつけた時の冷却効果をサーモグラフィ―で確認した実験結果です。タオルを濡らして風を当てるとタオルが6度以上冷やされました。

日傘に扇風機をかける方法

えりかけ扇風機BodyFan は日傘にかけることができます。

【化粧崩れ防ぐ】日傘につく扇風機「えりかけ扇風機 BodyFan」

ベビーカーのフードにもつく

えりかけ扇風機 BodyFan はベビーカーのフードに携帯扇風機を付けて子供の頭上から涼しい風を送風できる熱中症対策研究所の特許技術です

他にもいろいろな使い方ができます↓
空調服にも使えるえりかけ扇風機 BodyFan は服の襟に携帯扇風機をかけて服の中へ送風できる熱中症対策研究所の特許技術です

※使用上の注意
のどが渇いていなくても、水分補給や塩分補給をこまめにとりましょう。皮膚表面が濡れた状態で風を当てることで、気化熱冷却の効果を高めるための補助ツールとして扇風機をお使いください。熱中症対策については、厚生労働省や環境省のウェブサイトをご覧ください。

フォローする

facebook like box