ヘルメットへの装着

抱っこファンをヘルメットに装着する方法を説明します。

ヘルメットに扇風機「抱っこファン」を取り付けた様子

ヘルメットに扇風機「抱っこファン」を取り付けた様子

取り付けの手順

抱っこファンをヘルメットに取り付ける方法の説明

ヘルメットにつけたくない場合

作業着の胸ポケットボタンで閉められるポケットがよい)に入れて、顔に向けて送風することもできます。付属のキャップをつけて、扇風機を折り曲げると約100°に角度を固定できるので便利です。ポケットに入れてボタンを閉めることで、扇風機が落下しにくくなります。

作業着の胸ポケットに扇風機「抱っこファン」を入れて顔に向けて送風できます

作業服の空調化

作業服の上着の内側に向けて、外気を送風する取り付け方もできます。扇風機を取り付けた部分が下図のように外側に膨らむので、作業の種類によっては邪魔になる場合もあります。取り付け方法はこちらをご覧ください。

使用上の注意

長髪の方は、髪が絡まないようにご注意ください。髪が絡まる可能性がある場合は髪の毛を通しにくいネットで扇風機を覆ってください。ネットで覆う方法はこちらです。

雨など水濡れの可能性がある場合は、扇風機を抜き取ってポケットなど濡れない場所にしまってください。

ヘルメットの形や頭の大きさによっては、ヘルメット内に気流が入りにくい場合があります。付属のベルトで扇風機の向きを調整してください。

使用方法トップに戻る

※使用上の注意
のどが渇いていなくても、水分補給や塩分補給をこまめにとりましょう。皮膚表面が濡れた状態で風を当てることで、気化熱冷却の効果を高めるための補助ツールとして扇風機をお使いください。熱中症対策については、厚生労働省や環境省のウェブサイトをご覧ください。

フォローする

facebook like box