ワキ汗をストップする方法

夏になると脇の下にかいた汗による汗ジミを気にする方も多いです。制汗剤をつけていても大量の汗で制汗剤が流されてしまい、夕方になると匂いに悩まされることもよくあります。化粧崩れも大量の汗が原因です。

体は汗を止めたがっている

そもそも汗はなぜでるのでしょうか? それは体温を下げるためです。
本来、汗を出すことは、生命にとって大変なリスクを伴います。なぜなら、大切な体液を汗によって失ってしまうからです。このため、ほとんどの生物は汗をかきません。人間は、体温調節のために全身から多量の汗をかく特殊な存在です。人間は、進化の過程で体毛がほとんど無くなり、汗が蒸発するときの気化熱による冷却効果を得やすくなったことが理由ではないかと考えられています。

冷やすことは制汗の基本

大切な体液を失いたくない体にとっては、体温が下がり出したと感じれば、一刻も早く汗を止めようとする力が働きます。「汗がひく」という言葉があるように、涼しい風に当たって汗が蒸発したと感じだすと、すぐに発汗にもストップがかかり始めます。進化の過程で獲得したこのストップの仕組みがあるにも関わらず、現代人は服で全身を覆っているために、ストップの刺激(汗の蒸発)を感じることができず、汗をかき続けてしまいます。

制汗剤が流される前に、ストップの刺激を

ワキ汗による汗ジミや化粧崩れは、汗をストップできずに、皮膚の表面から制汗剤が洗い流されてしまう現象です。制汗剤が流されるとワキガを抑える効果も失います。そうなる前に、ストップの刺激(汗が蒸発したという感覚)を体に伝えることが大切です。脇の下には十分な汗があるので、そこに風を当てるだけでも、気化熱冷却による刺激がすぐに体に伝わります。さらに継続的に風を当てることができれば、脇の汗をストップする刺激を与え続けることができます。

脇の近くに着用扇風機をつける方法

扇風機で常に下から脇に向けて風を当て続けることができれば、汗を速やかに蒸発させることができ、脇の下が冷やされるため、制汗効果を期待できます。

【お遍路の熱中症対策】山谷袋・リュックに扇風機を着ける方法。四国八十八ヶ所を巡礼するお遍路では、熱中症対策・暑さ対策が欠かせません。着用扇風機「抱っこファン」は肩から下げるショルダーバッグ(さんや袋)やリュックサックに着けて歩くことができる扇風機です。

着用扇風機「抱っこファン」は、扇風機を直接手に持つのではなく、ショルダーバッグや腰のベルトにつけて使用できるため、脇の下に風を当て続けることができ、その姿が不自然に見えません。

ショルダーバッグに着ける(女性の場合)

ショルダーバッグの肩紐に扇風機が抱っこしているような感じで付けることができます。

【お遍路の熱中症対策】山谷袋・リュックに扇風機を着ける方法。四国八十八ヶ所を巡礼するお遍路では、熱中症対策・暑さ対策が欠かせません。着用扇風機「抱っこファン」は肩から下げるショルダーバッグ(さんや袋)やリュックサックに着けて歩くことができる扇風機です。

ショルダーバッグの肩紐の好きな位置に扇風機を留めることができ、位置の調整も簡単です↓着用扇風機「抱っこファン」をショルダーバッグに着ける方法

普段、ショルダーバッグを支えている手の親指を下図の扇風機の窪みにかけて扇風機を握ることで、ショルダーバッグをより楽に支えることができ、扇風機の向きも安定します。ぱっと手を放しても扇風機が落ちないので安心です↓

着用扇風機「抱っこファン」をつけたショルダーバッグで暑さ対策・化粧崩れ対策・脇汗対策・熱中症対策

※使用上の注意
のどが渇いていなくても、水分補給や塩分補給をこまめにとりましょう。皮膚表面が濡れた状態で風を当てることで、気化熱冷却の効果を高めるための補助ツールとして扇風機をお使いください。熱中症対策については、厚生労働省や環境省のウェブサイトをご覧ください。

フォローする

facebook like box