2024年02月一覧

ペットにスプレーがダメな理由 【ドクター監修】犬猫ブラッシングスプレー・かゆみ止めスプレーで注意すべき危険

犬かゆみ止めスプレー手作りブラッシングスプレーは、ペットがスプレーを鼻から吸い込んで、肺で吸収された物質は、最初に肝臓を通過せずに、すぐ全身に循環してしまいます。このため、毒性が強く出る可能性があり、注意が必要です。

【換毛期】抜け毛を飛散させない『保湿ツールつきブラシ』で約2倍の抜け毛量がとれるケトリーナを塗って犬猫の時短ブラッシングしてみた

東京ファン株式会社は、ペットのケア(グルーミング)におけるストレスを軽減する新製品『ダブルトリマー ペットブラシ』を発売しました。スプレーの飛沫からペットを守り、熱中症対策にも使えます。ご家庭でペットを飼われている方、プロのペットサロンにもおすすめです。