研究活動

熱中症対策研究所では、「熱中症対策のバリアフリー」を提唱し、健常者だけでなく、障がい者の方にも使っていただける熱中症対策技術を研究開発しています。

また、生活圏における個々人の環境を計測して適切なアドバイスを行うための新しい技術の開発も行っており、熱中症対策のモニタリングや調査研究にも貢献します。

熱中症対策研究所
所長 豊田哲郎
博士(薬学)

所長略歴

1993年 東京大学薬学部卒業
1995年 東京大学薬学系研究科修士課程修了
1998年 東京大学薬学系研究科博士課程修了(熱帯熱マラリアに関する研究で博士号取得)
1999年 医薬分子設計研究所 研究グループリーダー
2001年 特殊法人 理化学研究所 研究チームリーダー
2004年 国立大学法人 東京医科歯科大学大学院 客員教授
2008年 独立行政法人 理化学研究所 研究部門長
2012年 国立大学法人 東京医科歯科大学連携教授
2015年 一般社団法人 リンクデータ 代表理事
2016年 熱中症対策研究所 所長

社会貢献活動

公的機関からオープンデータを流通させる仕組みとして発明した情報システム(LinkData.org)は、現在も多くの自治体等から社会基盤として利用されている。

外部委員等

2008年 文部科学省科学技術・学術審議会専門委員
2008年 内閣府ライフサイエンス統合データベースタスクフォース委員作業部会委員
2009年 文部科学省「統合データベースプロジェクト」研究運営委員会委員
2010年 Plant Cell Physiology 編集委員
2013年 サウジアラビア・アブドラ王立科学技術大学 アドバイザリー委員

他、委員歴多数

受賞歴等

2011年 文部科学省 科学技術政策研究所「科学技術への顕著な貢献2011」受賞(理研HP
2014年 オープンデータに関する優れたと取り組みの表彰受賞
2014年 国際大学 GLOCOM賞
2014年 マニフェスト大賞 ネット選挙・コミュニケーション戦略賞 優秀賞/審査委員会特別賞
2015年 国土交通省G空間未来デザインプロジェクト 川崎市長賞
2015年 経済産業省 オープンデータビジネス賞

他、受賞多数

ウェアラブル扇風機に関する報道等

2017年4月21日 日経MJ いち早Check「小型扇風機、取り付け自在」16面
2017年5月24日 NHK おはよう日本「まちかど情報室」にて放映

トップページに戻る

※使用上の注意
のどが渇いていなくても、水分補給や塩分補給をこまめにとりましょう。皮膚表面が濡れた状態で風を当てることで、気化熱冷却の効果を高めるための補助ツールとして扇風機をお使いください。熱中症対策については、厚生労働省や環境省のウェブサイトをご覧ください。

フォローする

facebook like box