マスク暑さに「手持ち扇風機」は危険も!? 正しい使い方は? 応急処置は?

マスクの蒸れの不快感を和らげるために、携帯扇風機を街中で多くの人が使っています。医師によりますと、間違った使い方だと熱中症になる可能性もあるということです。どのように使えば良いのでしょうか? ANNのニュースを以下に引用しながら、科学的に解説します。

携帯扇風機の使い方に注意

江東病院・三浦邦久副院長によれば、「滝のような汗をかいている時に、特に外気温が35度(以上)になっている時に扇風機を使うと熱中症になってしまうこともある」「 実際に外気温が35度の時に手持ち扇風機を使っていて、緊急搬送されてくる方も結構いる」といいます。(ANNニュースより)

江東病院・三浦邦久副院長によれば、「滝のような汗をかいている時に、特に外気温が35度(以上)になっている時に扇風機を使うと熱中症になってしまうこともある」 「実際に外気温が35度の時にミニ扇風機を使っていたんですけど、緊急搬送されてくる方も結構いらっしゃいます」 といいます。

三浦先生は「35度を超える暑さのもとで扇風機だけ使うのは、ドライヤーの熱風を浴びるようなものだ」と警告します。(ANNニュースより)

真夏の扇風機はドライヤー

せっかくの便利なツール。賢く使う方法を2つご紹介します。

方法1.濡らしたタオルへ風を当てる

濡らしたタオルに風を当てて、水の蒸発を加速させると、タオルが気温より-6度ぐらい冷えます。(水の気化熱による冷却現象)

三浦先生によれば、「水に濡らしたタオルを首に巻いて、風を当ててやる。首には血管が豊富にあるので首を冷やすようにする」とよいそうです。(ANNニュースより)

熱中症対策としてハンディファンを使う時は、江東病院・三浦邦久先生によれば、濡れたタオルを首にかけて風を当ててやる。首には血管が豊富にあるので冷やすようにする。とのことです。

クールアイテムは、賢く組み合わせる

クールアイテム(扇風機や水タオルなど)は単独で使用するよりも、種類の異なるものを組み合わせて同時に使用する方が、冷感を強めあう場合があります。例えば、下図のように、水に濡らしたタオルと扇風機を一緒に使うと、単独で使う場合よりもタオルが冷やされます。これは『相乗効果』と呼ばれる現象です。

気温が上昇したにもかかわらず、同じクールアイテムだけを習慣的に使い続けてしまう人は注意が必要です。気温や湿度が変化すると、クールアイテムの効果も変化します。1つのクールアイテムだけでは気温上昇に対処しきれません。いろんなクールアイテムの相乗効果を引き出して、猛暑を賢く乗り切りましょう。

扇風機とタオルをホルダーでつなぐ

濡らしたタオルに扇風機を取り付けるための専用のホルダーがあります。
 このホルダーを使えば、タオルが水で濡れている場合でも、ファンに水がかからないようにタオルとの間をあけて扇風機を取り付けることができるため、水による扇風機の故障が低減されます。
 また、手で持たなくても、風が胸から首もとまで届く角度で扇風機を取り付けることができます。

扇風機をタオルにつけるホルダー

タオルファン 抱っこホルダーという名称でアマゾンで販売されています。

ブルーピンク
ホワイトブラック

方法2.保冷剤を入れたタオルに扇風機をつける

保冷剤をタオルに入れるときは、ホルダーでタオルの両端を固定すれば、保冷剤がタオルから落ちないようになります。扇風機をつけられるタオルファンホルダーが便利です。

保冷剤をタオルで巻いて、タオルの両端を「保冷剤ホルダー」で留めれば、巻いた状態が崩れにくくなるため、タオルを首にかけても保冷剤がタオルから落ちにくくなります

保冷剤が長持ちするタオルの巻き方

保冷剤は、外気の熱にさらされると、すぐに温まってしまいます。タオルを保冷剤に巻くときは、外側が厚くなるように巻きましょう。保冷剤を外気の熱からブロックすることで、保冷剤の持ち時間がかなり伸びます。

軽くて取り外しやすい扇風機がおすすめ

首が疲れないように、扇風機とホルダーはなるべく軽いものがおすすめです。扇風機は、付けたり取り外したりしやすいように、手持ちタイプのハンディ扇風機がおすすめです。

首と手のひらの血管を同時に冷やす

タオルに入れた保冷剤で首の血管を冷やしながら、同時にタオルに入れた保冷剤をタオルの上から手で握ることで、手のひらにあるAVA血管を冷やすことができます。手のひらを冷やすと、体の中心部の温度《深部体温》が下がりやすいと言われています。

ベビーカー扇風機の選び方・正しい付け方