【お遍路の熱中症対策】リュック・山谷袋に扇風機を着ける方法

四国八十八ヶ所を巡礼するお遍路では、熱中症対策が欠かせません。特に夏に歩いて巡拝する歩き遍路では、2か月近くかかるため、その間に何日かは、気温が非常に高い日を経験することになります。

飲み物による水分補給はもちろんのこと、出した汗をすぐに蒸発させて効果的に体温を下げる工夫をしないと、どんどん汗をかいて脱水状態に陥ってしまいます。

着用扇風機「抱っこファン」を
肩さげバッグ(さんや袋)に着ける

下からの風が、とても涼しいです!【お遍路の熱中症対策】山谷袋・リュックに扇風機を着ける方法。四国八十八ヶ所を巡礼するお遍路では、熱中症対策・暑さ対策が欠かせません。着用扇風機「抱っこファン」は肩から下げるショルダーバッグ(さんや袋)やリュックサックに着けて歩くことができる扇風機です。
↑着用扇風機「抱っこファン」は肩から下げるバッグ(さんや袋)やリュックサックに着けて歩くことができる扇風機です。

【お遍路の熱中症対策】山谷袋・リュックに扇風機を着ける方法。四国八十八ヶ所を巡礼するお遍路では、熱中症対策・暑さ対策が欠かせません。着用扇風機「抱っこファン」は肩から下げるショルダーバッグ(さんや袋)やリュックサックに着けて歩くことができる扇風機です。
↑手に持たなくても落ちないので、手が疲れません。

着用扇風機「抱っこファン」をショルダーバッグに着ける方法
↑バッグの肩ひもの好きな位置に、扇風機を留めることができます(ひもの幅は、硬い革製のものは2cm以下、柔らかい布製のものは2~3cm程度に着けられます)。それ以上の幅のものにはリュックと同じ方法で着けられます。

着用扇風機「抱っこファン」をつけたショルダーバッグで暑さ対策・化粧崩れ対策・脇汗対策・熱中症対策
↑普段、バッグを支えている手の親指を上図の矢印の窪みにかけて扇風機を握ることで、バッグをより楽に支えることができ、扇風機の向きも安定します。ぱっと手を放しても扇風機が落ちないので安心です。

リュックサックに着ける

首の周りや鎖骨付近に風を当てることができます。首元に濡れた薄いスカーフを巻いて、風を当てると、水が蒸発するときに熱が奪われる現象(気化熱冷却)により、頸動脈が冷やされます。頸動脈を冷やすことは、体温を効率的に下げるのに適しています。【お遍路の熱中症対策】山谷袋・リュックに扇風機を着ける方法。四国八十八ヶ所を巡礼するお遍路では、熱中症対策・暑さ対策が欠かせません。着用扇風機「抱っこファン」は肩から下げるショルダーバッグ(さんや袋)やリュックサックに着けて歩くことができる扇風機です。
↑リュックサックのベルトに着けて、胸の前から風を当てることができます。両手が空くので、道中のルートを地図やスマートフォンで確認しながら、同時にスマホを冷却できます。

【お遍路の熱中症対策】山谷袋・リュックに扇風機を着ける方法。四国八十八ヶ所を巡礼するお遍路では、熱中症対策・暑さ対策が欠かせません。着用扇風機「抱っこファン」は肩から下げるショルダーバッグ(さんや袋)やリュックサックに着けて歩くことができる扇風機です。
↑扇風機の裏にあるQRコードをスマホにかざせば、ウェブサイトで使用方法がすぐに確認できます。利用者から寄せられてくる「使い方アイデア」をウェブで紹介するなど、サイトは日々更新されています。

↓腰のベルトにも着けられるため、お遍路から帰ってきて、家や仕事で使うこともできます。

両手が使える、車椅子で使える、リュックサック・ショルダーバッグ・エアロバイク・帽子・ベルト・傘・掃除機に着く、充電式、ウェアラブル着用扇風機「抱っこファン」をつけたベルトで暑さ対策・化粧崩れ対策・脇汗対策・熱中症対策

内蔵のリチウムイオン電池により
1回の充電で最長10時間作動

速度調節 3段階(低→中→高→切、ボタンを押すごとに切替)
動作時間 2.5 ~10時間(使用状況に依存)※
使用電池 リチウムイオン(18650)3.7V (2000mAh)
機器重量 225g
充電方法 付属のUSBコードを介して充電(入力電圧5V 1A)
充電回数 500回程度の充放電を繰り返すと、電池容量が70%程度まで低下

※別売りのPanasonic製リチウムイオン電池NCR18650B(3400mAh)に交換すれば1回の充電で最長17時間の作動が可能です

卓上・手持ち・携帯扇風機(エアロバイク・リュック・バッグ・ベルト・車イス・帽子・傘・掃除機に着けて体を冷却し続けるウェアラブル扇風機)抱っこファン 充電式 長時間稼働

卓上・手持ち・携帯扇風機(エアロバイク・リュック・バッグ・ベルト・車イス・帽子・傘・掃除機に着けて体を冷却し続けるウェアラブル扇風機)抱っこファン 充電式 長時間稼働

入手方法はこちら↓

※使用上の注意

※使用上の注意
のどが渇いていなくても、水分補給や塩分補給をこまめにとりましょう。皮膚表面が濡れた状態で風を当て、気化熱冷却の効果を高める補助として扇風機をお使いください。熱中症対策については、厚生労働省や環境省のウェブサイトをご覧ください。

フォローする