クールビズの冷房28度は科学的根拠なく、当時の環境省課長「何となく決めた」 の発言が話題に

クールビズ導入当時に担当課長として関わっていた盛山正仁法務副大臣が5月11日、温度設定28度に科学的根拠がないことを明らかにし、ニュースで話題になりました。

首相官邸で開かれた副大臣会議で、盛山氏はクールビズについて「科学的知見をもって28度に決めたのではない。何となく28度という目安でスタートし、それが独り歩きしたのが正直なところだ。働きやすさの観点から検討しては」と見直しを提案しました。これを受けて関環境副大臣が、「28度は無理があるのではないか。実はかなり不快な温度。科学的に検討を加える」と述べました。

毎日新聞によれば、萩生田光一官房副長官も「(28度では)人によっては汗をかいて洗濯物が増える。もう少し緩やかな、根拠のあるものに変えていこう」と語ったそうです。

また菅義偉官房長も11日の記者会見で、「環境省が丁寧に検討を進めていくことになる。室温は、28度をメドにするという決まりになっているので、みなさんの過ごしやすい温度でいいのかなと思う」と述べたそうです。

霞が関で働く職員の皆さんは、扇風機を使うなどして、暑さ対策を工夫されているそうです。

クールビズ導入当時に担当課長として関わっていた盛山正仁法務副大臣がクールビズについて「科学的知見をもって28度に決めたのではない。何となく28度という目安でスタートし、それが独り歩きしたのが正直なところだ。働きやすさの観点から検討しては」と見直しを提案しました。これを受けて関環境副大臣が、「28度は無理があるのではないか。実はかなり不快な温度。科学的に検討を加える」と述べました。

ウェアラブル扇風機とは?
※使用上の注意

※使用上の注意
のどが渇いていなくても、水分補給や塩分補給をこまめにとりましょう。皮膚表面が濡れた状態で風を当て、気化熱冷却の効果を高める補助として扇風機をお使いください。熱中症対策については、厚生労働省や環境省のウェブサイトをご覧ください。

フォローする